読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つのへび日記

こなやぎのブログです。2015年4月から1年間滞在した中国江蘇省・南通市のこと、手仕事、語学、短歌など。

テクテク天津旅行記(6)

おでかけ 写真 建築 日記
今月はじめに天津へ旅行した話をぽちぽち書いています。目標は今月中の完結だったのですが…もう少しで終わるはず!

その1からどうぞ。

本日の記事は、

からの続きです。

閑静な美観地区、五大道を歩きます。
閑静とはいえ、観光地なので人はたくさんいます。お客も多ければ、商売人も。地図を買わないかとか、ガイドするよとか、声をかけられます。

観光馬車もあります。
f:id:isachibi59:20150928235744j:image

五大道の中心あたりに位置する、体育センターに来ました。

f:id:isachibi59:20150930221832j:image

f:id:isachibi59:20150930221906j:image
緑の芝生スペースの周りは陸上のトラックです。写真奥が競技場。

ここは輸入食品系スーパーや飲食店のモールがあり、五大道観光の中心にもなっているようです。

カフェに入って、休憩がてら後の予定を立てることに。

f:id:isachibi59:20150930222556j:image
f:id:isachibi59:20150930222653j:image
この時10時半くらいで空いていましたが、このあとどんどん人が増えていきました。

f:id:isachibi59:20150930222712j:image
美式(アメリカン)珈琲、19元。安い!
南通だと珈琲の値段はスタバが基準になっちゃってるフシがあり、25~30元くらいするんです。

さて、この自由行動の日に是非探したいと思っていたものがありました。それは、書店。
南通には一番大きな書店でせいぜいジュンク堂京都店(四条通りの方)くらいのしかないのですが、中国第三の都市となれば手頃な場所にひとつくらい大型書店があるんじゃないのかなーと。

f:id:isachibi59:20150930224008j:image
『天津图书大厦』という、いかにもそれっぽいのを見つけたので、そこを目指すことにします。

f:id:isachibi59:20150930224435j:image
ふたたびかっこいい近代建築群のなかをてくてく。

f:id:isachibi59:20150930224703j:image
マンホールもすてきなんだこれが!

f:id:isachibi59:20150930224816j:image
中華なぼんぼりと建物の折衷感が面白いです。

さて、五大道を外れて普通の公道へ。
江蘇省から来た身としては通りたくなって、あえて「蘇州路」を歩くルートで。
f:id:isachibi59:20150930225042j:image
道端で中国将棋やってるー。ほっこり。
南通でもたまに見る光景です。
ここから先は、この旅行では(朝食の食堂以外で)初めて見る庶民的な天津の風景で、なんだか安心しました。あ~、こういうとこやっぱりちゃんとあるよね…と。屋台で生肉じかに台の上に置いて売ってたりとかね(写真は撮っていませんが)。
f:id:isachibi59:20150930230234j:image
書店に着きました。これは大通り側から撮ったところです。KFCのおじさんが眩しい…。

さっそく入ろうと思いますが、その前にロッカーがありました!
強制というわけではなさそうですが、荷物が重かったので試してみることに。
f:id:isachibi59:20150930230747j:image
写真中央のボタンを押すと、その時空いているロッカーが1つパカッと開きます。同時にボタンの下部からは、バーコードが印字された紙が出てきます。
f:id:isachibi59:20150930231902j:image
ロッカーに荷物を入れて閉めて、帰るときはリーダーにバーコードを当てると開く、という仕組みです。
これ、日本の大型書店でも導入してほしいですね!無料というのがまた素晴らしい。
f:id:isachibi59:20150930232126j:image
書店自体は、なかなか大きかったですが、中身は家電、オーディオ、楽器などを売ってたりと微妙でした。
工学系や建築の専門書が充実していたり、外国人向けの資格対策本があるなど、南通にはない羨ましい大型書店には変わりはないですが。
なんだか、中国の書店を見て感じるのは、早期教育向けの学習参考書はやたらにあるな、ということですね。で、大人は勉強しないの?という…。やっぱりイデオロギー的なアレなのかな。

取りあえずガイド本代わりに小さい写真集を買いました。40元だったかな。→確認したところ、28元でした。全然違うやん…。(10月2日追記)
f:id:isachibi59:20150930232802j:image

午後になりましたが、いっかなお腹も空かず、歩いてホテルに戻り、友人との集合時間まで休むことに。

f:id:isachibi59:20150930233214j:image
f:id:isachibi59:20150930233300j:image
夜は有名な包子のお店に行きました。インゲン豆の和えたの、やはり醤油のような塩辛さがメインで、南方の甘めの惣菜と少し違いました。包子はまあまあ。

次で旅程は全部紹介できる…はずです!