つのへび日記

こなやぎのブログです。手仕事、語学、短歌、読書や映画など。

W杯・カタール・『砂丘律』(2022/12/2日記)

いずれきちんと整理してまとめてから、ここにも書こうと思っているのだけど、先月下旬に新型コロナウイルスのいわゆる第8波というビッグウェーブにしっかり乗ってしまった。

特定の日に出勤していた同じ課の内勤メンバーも、ほぼ同時期に軒並み発熱や陽性判定を受けた。
自分の部署に限って言えば、単発的な罹患者(子どもの学校からの感染や家族間など)はこれまでにもちらほら出ていたけど、そこから社内への感染が広がるということは今までなく、こんなふうに複数の人数が同時に感染するのは初めてのことだった。
マスク着用、パーテーション、空気清浄機、デスクでの個食など、我々がこの3年弱のあいだ講じてきた対策も、今の変異株の前には無力なのだな……と思い知らされた。

むろん、一旦持ち込まれたウイルスに対して無力だったとはいえ、無意味だとは思っていないので、感染予防行動はこれまで通りおこなっていくつもりではある。
ただ、「やっぱりなる時にはなるんだなー」というのが正直な感想だ。

自宅療養の解除については、原則として下記のとおりとしています。

<有症状者>

 発症日から7日間経過し、かつ、症状軽快後24時間経過した場合には、8日目から解除されます。

 ただし、10日間が経過するまでは、検温などご自身による健康状態の確認や、リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用することなど感染対策の徹底をお願いします。
(「自宅療養をされる皆様へ - 福岡県庁ホームページ」より)

上記にのっとり、一週間の療養/在宅勤務期間を経て出社を再開してからも、なるべく社会生活を最小限に抑えて会社と家の往復だけで月末・月初の週を過ごした。

とっくに平熱に戻り、仕事に差し支えない体調になり、10日間を過ぎてもなお、喉の違和感や咳はしつこく残るので、私を含め、オフィスには常に誰かしらの咳込み、咳払いの音がしている。
外食もせずまっすぐ帰る。
帰ったら、何をする気にもなれず最低限の家事の他は無為に時間を過ごす。
仕事をするためだけに生きている、仕事をするためだけに治癒した、そんな心持ち。
当然、気が滅入る。くさくさする。

……というような心境を先輩に吐露したら、「なんでよ~、おうち時間満喫したらいいやん。面白かった本明日持っていくよ☺」と屈託なく励まされた。
そして本当に、次の日に本を貸してくれた。

ありがたく借りたけれど、おそらくすぐには読み終われない。
読むのは速い方だけれど、本のページを開く気力がいつ起こるか確約できないのが正直なところだ。
だから、自分も何かお返しに本を貸すことにした。
私が本を貸したところで、私が本を読み始めたくなるかどうかはまた別の話だし、かえって早々と自分の本を読み終わって返却されるとそれはそれで何もしないより気まずいかもしれなかったが、こちらも何かアクションを起こすことがその時は大事な気がしたし、その行動が私の読書へのトリガーとして機能するかもしれない、とも思った。

とはいえ、最近はほぼ電子書籍で読んでいるので、貸せる本は少ない。
国内フィクション読みの彼女なので、自身では手に取らなさそうなものがいいと思い、本棚を見て『千種創一歌集 砂丘律』にした。

アラビアに雪降らぬゆえただ一語 ثلج (サルジュ)と呼ばれる雪も氷も

この一首がダントツに有名で、私もこの短歌をきっかけに本書を購入したのだけれど、以下の歌も気に入っている。

舟が寄り添ったときだけ桟橋は橋だから君、今しかないよ

鯉がみな口をこちらに向けていて僕も一種の筒なんだろう

虐殺を件で数えるさみしさにあんなに月は欠けていたっけ

自爆テロ百人死亡】新聞に相も変わらず焼き芋くるむ

広辞苑第三版の中にいて闘いやめぬアラファト議長(1929〜)

朝、出勤してきた先輩に「お返しの本、持ってきました。あんまりご自分だと読まれなさそうなものにしようと思って、中東在住の方の現代歌集なんですけど」と渡すと、ちょうど気持ちがカタールに飛んで行ってるとこだから嬉しい、ありがとうと笑われて、出勤間際にネットのニュースで見た「日本代表、スペインに勝利」の見出しを思い出す。*1

思いがけなく「時流に乗った選書をする人」になってしまって気恥ずかしかったが、周りに『砂丘律』を布教したいという方は、カタールW杯が開催中の今は好機かもしれない。
最近ちくま文庫に収録されて、手に取りやすくなっている。

読書という行為はそれ自体ほうっておいても個人的な営みであるので、個人所有のタブレットに囲っているとますます「閉じて」しまう。
個人的な営みである読書に社交を絡めるなど不純である、という向きも否定はしないが、私のような内向的な人間は、むしろ最低限の社会性を確保するために「人に貸す可能性がゼロではない本」は紙で所有する、というのを意識的におこなってもいいかもしれないな、と思った。

*1:開幕前はあんなに楽しみにしていたW杯カタール大会なのに、ドイツ戦はコロナの症状が一番大変なときで、マンションのよそのフロアから漏れ聞こえる歓声を聞きながら寝込んでいたし、後半から観たコスタリカ戦は残念だったし、スペイン戦は日付を一日勘違いしていて完全に乗り遅れてしまった。モチベーションが下がってしまったので、これを書いている今もまだダイジェストすら観ていない。

京都は移動祝祭日(2022/10/22日記)

If you are lucky enough to have lived in Paris as a young man,
then wherever you go for the rest of your life,
it stays with you, for Paris is a moveable feast.
-Ernest Hemingway

Kindle Unlimitedで読みたい本が多すぎて、大枚980円をはたいて1ヶ月延長した。

kn.hatenablog.jp

今読んでいるのは佐藤優『獄中記』(岩波現代文庫)だ。

国策捜査」のメインキャストに据えられることとなった著者は、これまでの外務省勤務では決して手に入らなかった「思索の時間」を思いがけず手に入れることとなる。
東京拘置所の独房内で、公判の準備と並行しながら語学学習と哲学書研究を続ける著者の精神は、だんだんと官僚社会から学術世界に再び引き戻される。
その象徴が、たびたび彼が見るようになる京都の夢だ。

佐藤氏は私の大学の先輩にあたるので、こういう心の動きは実感としてよく分かる。
大人になり、環境も学ぶトピックも変わり、それでも勉強に打ち込む時は心の一部が京都に在るような気がする。
あるいは、置き忘れてきたそれが、急にみずからの存在を主張し始める、とも言えるかもしれない。

何の気なしに見ていたTwitterで、今日が時代祭の日だと知った。
恐らくもう二度と住むことはない京都という土地と、こうしてインターネットを通じて細く細くつながっていることで、私の精神の一部に京都を連れてくることができている。

もし幸運にも、若者の頃、パリで暮らすことができたなら、
その後の人生をどこですごそうとも、パリはついてくる。
パリは移動祝祭日だからだ。
(高見浩訳、ヘミングウェイ『移動祝祭日』新潮文庫より)

Kyoto is a moveable feast.

手帳の全ページに役割を与える(第2回手帳会議・議事録)

ページを有効活用したい

前回の手帳会議の際、ひとつ気づいたことがある。

kn.hatenablog.jp

この時、手帳に何を記録しているのかを書き出したのがこちら。

  • 体重・体脂肪率
  • やりたいこと
  • habit tracker
  • 筋トレメニュー
  • マネープラン
  • 週間/月間/年間目標
  • その他メモ(読書メモ含む)

そして、これらをそれぞれどのページに書いているか、場所ごとに分けたのが下記。

 

《マンスリー》

  • 体重・体脂肪率(ブロックカレンダー内に書き込み)
  • やりたいこと(月ごと:カレンダー横のメモ欄)
  • habit tracker(メモ欄に項目を書き出し、出来た日のカレンダー内にシール)

《方眼メモ(フリーページ)》

  • 筋トレメニュー(冒頭にメニュー+プランページを作成)
  • マネープラン(同上。半年ごとに更新・修正)
  • 年間/月間目標(適宜、年/月が変わるタイミングで作成)
  • 週間目標(フリーページ内に作った週間ページ)
  • やりたいこと(週ごと:同上)
  • その他メモ(短いメモや日々の記録:週間ページ、長いメモ:その時点での最終ページに適宜作成)

このように、ほとんどが月間ページとフリーページに書かれている。

ロルバーンダイアリーには、他にも「イヤーカレンダー」「イヤーダイアリー」というページが存在するのだが、このことはそれらを有効活用できていないことを意味する。

 

いろんな手帳術や実例集的な本を見て、手つかずだったページに役割を与えることにした。

イヤーカレンダー

アウトプットした日に印をつけることにした。

note、はてなブログInstagramが対象。

マイルドライナー3色で色分け

インスタは今ほぼ動かしていないが、記録を始めると決めることで使用頻度を上げられるかと思い。

 

イヤーダイアリー

縦に3分割して、体重・体脂肪率・歩数を記録。

歩数はGoogle fitのログを転記

生理周期にもマーカー。

月間のブロックカレンダーに書くよりも、前後の数字の増減が見やすくなった。

 

目次ページも改良した

何となくバレットジャーナル流のフォームを使い続けながら、ずっとしっくり来なかったのが、最初に作成する目次ページ。

このダイアリーは9ヶ月で使い切ったので、10月以降のページは無い

項目ありきではなく、ページ番号を主にしたインデックスの方がいいような気がして、今回からそうしてみる。

端から埋めていく方が好みかも

こちらの方がしっくり来る気がするし、徐々に埋まっていく楽しみがありそう。

 

ページごとの役割まとめ(改良版)

《イヤーカレンダー》

  • アウトプットのログ(note、ブログ、Instagram

《イヤーダイアリー》

《マンスリー》

  • やりたいこと(月ごと:カレンダー横のメモ欄)
  • habit tracker(メモ欄に項目を書き出し、出来た日のカレンダー内にシール)

《方眼メモ(フリーページ)》

  • 筋トレメニュー(冒頭にメニュー+プランページを作成)
  • マネープラン(同上。半年ごとに更新・修正)
  • 年間/月間目標(適宜、年/月が変わるタイミングで作成)
  • 週間目標(フリーページ内に作った週間ページ)
  • やりたいこと(週ごと:同上)
  • その他メモ(読書メモ含む)(短いメモや日々の記録:週間ページ、長いメモ:その時点での最終ページに適宜作成)

 

今後も使っていく過程で変えていくとは思うけど、とりあえずこんな感じで。

 

 

Kindle Unlimitedで読める岩波書店のおすすめ本と読みたい本

今夏のAmazonプライムデーの3カ月99円キャンペーンを使って、Kindle Unlimitedの利用を再開した。

登録即解約すると、うっかり継続するのを防げます。終了日が表示されていればOK

興味に任せて気軽にいろんな本を読めるのがサブスクのいいところ。
プライム特典内のPrime readingは正直「玉石混淆の『石』が8割」という印象だけど、Kindle Unlimitedになると読める本の質も量も一気に向上するのは嬉しい。
だてに月980円の正規サブスク料は取っていないのだ。

そろそろ3カ月の登録期間に終わりが近づき、これまでKindle Unlimitedで読んだ本のリストでも作ってブログに書こうかな、などと考えていたタイミングで、とんでもないことが起きてしまった。

私の読書計画を大きく狂わすバナー告知

ラインナップは岩波新書岩波文庫、岩波ジュニア新書、岩波少年文庫岩波現代文庫と、岩波ブックレット等から。
Kindle Unlimitedの対象本の全リストはここから確認できるが、良い……すごく良い……もはや福祉……と思わず唸ってしまったので、備忘録もかねて私のおすすめ本&これから読みたい本を置いておく。

岩波少年文庫

ミヒャエル・エンデ『モモ』

みんな大好き『モモ』!
私も小3の頃に学校の図書館で見つけて読んでハマってしまい、年に1度はまた借りて読むということを卒業まで繰り返した。
すでにオタク気質の片鱗がみえる。
ちなみに「オタクは『モモ』を偏愛しがち」というのは『オタク女子が、4人で暮らしてみたら』*1
でも書かれていて、シェアハウスを始めて私物を持ち寄ったら本棚に『モモ』が3冊あった、というくだりがある。

エンデは『はてしない物語』も上巻のみUnlimitedの対象。

カレル・チャペック『長い長いお医者さんの話』

チャペックで中野好夫訳ってことは、英語からの重訳だろうか。
児童文学はこれを含め「タイトルだけ知ってる」ものが多すぎるので、この機会に読んでみたい。

岩波新書・岩波ジュニア新書

前田健太郎『女性のいない民主主義』

フェミニズムのとりあえずスタートラインに立つのにおすすめの一冊。
定説として民主主義の始まりとされる「普通選挙の実施」は男性のみ対象としたものであった。
果たしてそれを「民主主義の始まり」と呼べるのか?
国会議員の男女比率がここまで偏っている国で、「民主主義」はむしろまだ始まってもいないのでは?
タイトルにはそういった問題提起が込められている。

松沢裕作『生きづらい明治社会 不安と競争の時代』

明治は激動の時代で、それを生きる庶民はただただ翻弄された。
明治時代の「生きづらさ」が、ある部分では現代の私たちにも共感できてしまうというやるせなさ。

南野忠晴『正しいパンツのたたみ方―新しい家庭科勉強法』

辛島昇『カラー版 インド・カレー紀行』

岩波ジュニア新書の”Classics”とも呼ぶべき、これら定番書もUnlimited入り。

今井むつみ『英語独習法』

宮内泰介『実践 自分で調べる技術』

独学系も充実していて素晴らしい。

沖田瑞穂『世界の神話』

神話は一般教養にしてオタクの必修科目なので……。

岩波文庫岩波現代文庫

スヴェトラーナ・アレクシェーヴィチ『ボタン穴から見た戦争 白ロシアの子供たちの証言 』

著者は、コミカライズが話題の『戦争は女の顔をしていない*2』のアレクシェーヴィチ。

森鴎外渋江抽斎

私は青空文庫で読んだが、こちらは解説も付いている。
恐ろしく長大なんだけど、頑張って読んでるうちに文体含めて妙に癖になる。

知里幸恵アイヌ神謡集

編著者弟の知里真志保による『アイヌ民譚集』*3は読んだが、こちらはまだ。
ゴールデンカムイの民として読んでおかなくては。

===

コメント、冊数ともに追加しました。(最終更新日:2022/10/1)

2023年のメイン手帳+サブ手帳

kn.hatenablog.jp

先日の「手帳会議」の結果、「ページを増やせる手帳」へのリサーチが次なるアクションと決まった。
そして先週末、リサーチを兼ねて出かけたロフトでさんざん熟考のあげく、来年の手帳を決めた。

メイン手帳:デルフォニクス ロルバーンダイアリーL

なんだかんだで、結局3年連続のロルバーンダイアリーLになった。

3点合計で2,530円也

使ううちに角がへたってくるのが気になるので、専用の塩ビカバーも今回から導入。
手帳に記録したことの振り返り用に、前から気になっていたマイルドライナーも同時に買った。

いったい「ページを増やせる手帳」という方向性は何だったのか? という感じだが、実はその変節に至る出来事があった。

手帳は1年に1冊だけだと誰が決めた?

「手帳会議」から数日経った頃、また別の手帳術の本を読んだ。

そこでmizutamaさんという方の、
「半年くらいで書き終えてしまうので、10月始まりのダイアリーを使い切ったら3月始まりを買う」というロルバーンダイアリーLの使い方を読み、目から鱗が落ちる思いだった。
考えてみれば、確かに無理して1年1冊と決める必要はないのだ。
やはり、ひとり会議では出てくるアイデアも限られているのだなと痛感。

手帳選びの機会が2度訪れるということは、1回の選択のハードルが下がるということでもある。
1年に1回しか選べないと思うからこそ、大いに迷うのであって、使い切る頃にまた違う可愛いデザインが選べるんだ、と思うとわくわくするし、気軽に「今、これが可愛いと思う!」という直感にしたがって買うことができる。

というわけで、数あるデザインの中からシマエナガを選択。
shop.delfonics.com
ゴールデンカムイにも出てくるシマエナガちゃん!かわいい~。

ちなみに次点はパンケーキ。
すごく迷って、2冊とも買おうか一瞬だけ悩んだほど。
shop.delfonics.com
シロップの部分につやつやの立体加工がしてあってキュート。
公式では完売になっているようなので、もう店頭在庫限りかもしれない。

ルーズリーフ手帳を選ばなかった理由

結果としては「例年通り」となったものの、当初、会議で決めた方向性はいちおう尊重するつもりだった。
なのでまずルーズリーフ手帳も実際に手に取って検討したが、次の理由からロルバーン続投という結論に至った。

1.大きさが合わない

ルーズリーフ手帳はサイズの選択肢が限られていて、A5とB5の二種類のみ。
「手帳会議」の時はサイズアップやむなしと思っていたが、実際手に取るとB6が最適にして最大(上限)だと実感した。
それより大きいものはちょっと心理的にも抵抗があるし、場所を取る。
B6ならたまに持ち運んだりもできるが、A5だともう家置き一択という感じがして、その不自由さも少々つらい。

2.リフィルセットに不要なページが入っている

これはルーズリーフ手帳に限らないのだが、年間・月間・メモページしかないロルバーンダイアリーに慣れてしまったせいで、不要なページがセットに入っていることにすごく嫌だなと感じるようになった。
具体的にいえば、各都市の地下鉄路線図。
路線図付きの手帳を使っていた頃はスクラップページにしていた。
それくらい自分にとっては完全に不要。

使わないページにもお金を払って一揃い買う、というのがどうにも我慢ならない。
そう自覚した時点で、ロルバーンダイアリーの続投はほぼ決定的なものとなっていた。

当初予定していた手帳の購入は以上。
しかし、思いがけない情報を手に入れて状況が変わった。

limo.media

サブ手帳:Seria 世界名作劇場A6ダイアリー

セリアに『ペリーヌ物語』の手帳がある、と知ったのは3連休のさなかで、折しもスーパー台風直撃中、とても外出できる天候ではなかった。(商業施設も閉まっていた)
台風一過のきょう、さっそく店舗へ見に行って無事購入。

他に『赤毛のアン』など全4種類

私が行った店舗にはまだ全種類置いてあったが、どれも店頭に出ているのは1~2冊ずつのみ。
カレンダーも作られているようだが見つけられなかったので、すでに完売したのか、そもそも入荷しなかったのか。
ペリーヌ物語』は購入分とあわせて在庫2冊だった。

月間カレンダーにメモが9ページという薄手の手帳で、どのページにも場面イラストがあしらわれている。

誕生月に推し(パリカール)がいて嬉しい

これに関しては完全に物欲が先行しているため、用途は後付けで考えたのだが、ちょうどいいのでフランス語学習の進捗管理用にしようかと考えている。
月間カレンダーの1マスずつを、学習した単語で埋めていったりすれば楽しいかもしれない。

kn.hatenablog.jp

(最終更新日:2022/9/23)

今週のお題はてな手帳出し

原書で読む『くまのパディントン』シリーズ(ほぼ)全レビュー

今も「出来る」とは言いがたいが、まだあんまり英語が出来なかった頃、リーディング力を鍛えるために選んだ教材が『くまのパディントン』シリーズだった。
その頃はまだ洋書コーナーが充実していた天神の丸善ジュンク堂書店で、一度に2~3冊ずつ購入し、1年くらいかけて『パディントン』シリーズをほぼ全部読んだ。

「ほぼ」というのは、同著者によるパディントンの名を冠する本は数多くあり(それこそ『パディントンと行くロンドン』的なガイド本まで)、それらすべてを追っているわけではないから。
挿絵がPeggy Fortnumによるシリーズ本編および、後継のA.W.Alley挿画による総集編的なものを1冊読んだ。

リーディング教材に「パディントン」を選んだ理由

英語読めねえなあ、と思いながら読んでいた行方昭夫『英文快読術』に紹介されていたことがきっかけ。

本文の短い引用とともに、「英米の子供が読めるのだからやさしい英語だろうとなめてかかると、背負い投げをくわされるかもしれない」とコメントがあり、じゃあ『パディントン』を読めればネイティブの児童並みの読解力が付くのか? と軽い気持ちで最初の1冊を買ってみた。
洋販の販促帯だかで、読者対象を確か「TOEIC460点以上」としていて(うろ覚え)、その時700くらいはあった自分は、楽勝じゃんと思った記憶がある。

ちなみに有名な話ではあるが、その手の販促帯の参考TOEICスコアは本当に参考にならないので注意。
個人的な感覚では、使われている語彙も表現も、クリスティの『オリエント急行の殺人(Murder on the Orient Express)』の方がずっと易しいと感じた。

全11+1冊レビュー

邦訳が出ているタイトルについては、対応する福音館書店版の邦題も付した。
あらすじ引用も、福音館書店のWebサイトより。
そちらもやや大時代ではあるが味わい深い翻訳なので、ぜひあわせて楽しんでほしい。

A Bear Called Paddingtonくまのパディントン

ブラウン夫妻が初めてパディントンに会ったのは、パディントン駅のプラットホームでした。だから、クマには珍しい「パディントン」という名前が付けられました。暗黒の地ペルーから、1人で移民してきて、身寄りもなく駅の隅に佇んでいましたが、親切なブラウン夫妻にひきとられ、縦横無尽に活躍します。一度読み始めたらやめられない、おかしなおかしなクマのパディントンのお話の第1作目です。

記念すべき人生初の『パディントン』。ふつうに難しくてびっくりした。
倒置文もたびたび出てくるし、意味自体は易しいのに受験英語の上級単語帳にもないマイナー単語も多数、中には英国語彙ゆえに馴染みがないものもあったりと、かなり勉強になった。
こんな名詞知らん、と思って調べたら「(動物の)ひげ」だったりして(whiskers)脱力したのもいい思い出。
ネイティブの子どもが当たり前に知っていて、非母語話者に馴染みのない語というのがいかに多いかを確認するような読書だった。

しかし何より良かったのは、英語の勉強どうこう以前に物語がとても面白く、それ自体に推進力があるということだった。
パディントンのふるまいが一々可愛く周りの人間の切り返しも楽しく、「簡単な内容の本を嫌々勉強のために」という不毛な読書にならなかった。

More About Paddingtonパディントンのクリスマス)

ブラウンさん一家と共に過ごすパディントン。様々な大騒動を巻き起こしつつ、季節は夏から秋、そして冬へ向かいます。初めて雪を見たパディントンは大喜びですが、風邪をひいてしまい、介抱してもらいます。やがて一大行事のクリスマスを目前に準備にかかるブラウンさん一家。パディントンもバークリッジ(百貨店)に買い物へ同行するも、相変わらず騒動の渦中に……。パディントンが過ごした幸せなクリスマスのお話です。

相変わらず辞書や検索は必要で、文脈で判別した語も多かったものの、一冊目よりは楽に読めた。
ガイフォークスナイトをはじめ、(当時の)イギリス文化のカタログとしても面白い。
ロンドンに来たばかりの時に彼が初めて行った百貨店Barkridgesは恐らくSelfridgesが元ネタなので、今回の老舗百貨店はF&Mかな、などと元ネタ探しも楽しい。
パ氏は話し方こそルーシーおばさん仕込みの慇懃なロンドン英語を身に着けているものの、綴り方は苦手で自分の名をPadingtunと書いてしまったりもする。
本シリーズの対象読者は8~12歳とあるので、読者はパ氏に自身を投影させながら成長していくのかもしれない。

Paddington Helps Out(パディントンの一周年記念)

好奇心あふれるくまのパディントンが、必ず巻き起こす大騒動は、ピクニック、日曜大工、映画館でも相変わらず。そんな憎めないパディントンがブラウン家に来て暮らすようになってから1年とちょっとたちました。ブラウン家の一同は誕生日と1周年記念を合わせてお祝いしようと計画を立て、高級レストラン「ポーチェスター」でパーティーをすることになりましたが……。もちろんお約束の抱腹絶倒の大騒動が始まります。

友人で古道具屋店主のGruber氏に連れられてオークションへ参加し、次章ではうっかり競り落とした大工道具でDIYに挑戦するところが面白かった。
オークション特有の符牒みたいなものをこの章で何となく知ったが、ネイティブの子どももこういう場面から「大人の世界」を少しずつ知っていくのかもしれない。

ドジでも真心を評価されたり棚ぼたで何とかなるパ氏と対照的に、前作から登場の隣人Curry氏は非常に徳のない人物で何かと被害を受ける役回りなのだが、今回は彼にも怪我の功名的なラッキーが起こったのは良かったなと思った。

Paddington Abroad(パディントン フランスへ)

ブラウンさん一家が夏休みにフランス旅行をする計画を立てた時から、お決まりの大騒動が持ち上がります。まずは銀行へ行ったパディントンが、警察や消防まで巻き込んであわや逮捕の寸前。空港ではパスポートでひっかかり、国際スパイグマ疑惑をかけられる珍道中の末、やっとフランスに。現地でも次から次へと騒動の連続……。ついには自転車レースのツールドフランスパディントンが登場!

ブラウンさん一家がいつものロンドンのおうちを飛び出し、フランスでバカンスを楽しむ回。
最後にはとうとうツール・ド・フランスにパ氏が参戦してしまうという旅の本編も面白いけれど、旅行前の準備の場面の、ウキウキとばたばたが同居する幸せな空気感が最高に良かった。
家族は顔を合わせると仏語で“excuse me”を言い合い、バードさんはパ氏のために迷子札を手作りする。
最高級の革で出来ているそれには、ブラウン家の住所にくわえ数種類の言語で「見つけた方には謝礼を(Finder will be rewarded)」との文言が。

パディントンは密航グマではないのか?海外旅行大丈夫?という謎が解ける回でもある。

Paddington At Large(パディントンとテレビ)

ブラウン家で暮らす、くまのパディントンはそそっかしくて好奇心旺盛。ちょっと思いこみが強くて融通がきかないために巻き起こる騒動の数々……。それでもブラウン家の人たちも、近所の人々も、なぜかみんなパディントンを好きになっていく。そんな愛すべきくまのお話。今回はテレビのクイズ番組に出演したパディントン。アナウンサーと抱腹絶倒の珍問答を交わしたあげく、みごとに賞金を獲得します。賞金の使い道とは……。

ブラウン家に初めてテレビがやって来た回、と言えば本シリーズがかなりのロングセラーであることが分かるとおもう。

安売りの種のミックスを買って園芸を始めてみたらgreen thumbsならぬ”green paws”の持ち主だと判明したり、お巡りさんに追われたかと思うと警察署へ助けを求めたり、救急車で病院に運ばれたりと今回もドタバタ劇が展開。
これまで分かる通り、パ氏がなんかやらかすことが物語の起点になるというのがお決まりのパターンなので、ドジっ子ヒロイン的な要素にイライラする人にはたぶん向いてないかもしれない。(私は「まあ子グマだからな……」で許せるタイプ)

時期を前後して『帳簿の世界史』を読んでいたため、パ氏が自分の帳簿を付けている(しかも複式)と判明してかなり興奮した。

Paddington Marches On(パディントンの煙突掃除)

ブラウン家で暮らす、くまのパディントンはそそっかしくて好奇心旺盛。ちょっと思いこみが強くて融通がきかないために巻き起こる騒動の数々……。それでもなぜかみんなパディントンを好きになっていく。そんな愛すべきくまのお話。今回も煙突掃除に、バス旅行に、クリケットの対抗試合に、大活躍。そしてペルーのおばさんの100歳のお祝いに、生まれ故郷のペルーへ旅行に出かけることになりました。その見送りパーティーで……。

大寒波のロンドンから始まり、グルーバーさんとのプチ観光、英国紳士の嗜みクリケットに挑戦(これが好プレー連発というご都合主義!笑)など。
Peggy Fortnum氏によるラフでユルい挿し絵が私は好きで、本シリーズの魅力はこれによるところが大きいと信じているのだが、本作ではフードにマフラーの極寒コーデ、煙突掃除の煤まみれ姿、クリケット装備などいつも以上に可愛いパ氏のコスプレ(?)を堪能できる。

最後はブラウンさん達のパディントンへの愛情に涙。
うちに来てどのくらいになると思う?と訊かれてI don't know, it feels like always.と答えるパ氏がいとおしい。

Paddington at Work(パディントン妙技公開)

ブラウン家で暮らす、くまのパディントンはそそっかしくて好奇心旺盛。ちょっと思いこみが強くて融通がきかないために巻き起こる騒動の数々……。それでもなぜかみんなパディントンを好きになっていくそんな愛すべきくまのお話。今回は、ペルーからの帰国の船旅にはじまり、なつかしいブラウン一家のもとにもどったパディントンが、前にもましての大活躍。株でご難にあったり、床屋になったり、バレエも踊ります!

前作終わりでペルーへ帰ることになり、皆に送り出してもらったパ氏。
いよいよルーシーおばさん登場かと期待したものの、本作は帰途の洋上から始まる。

パ氏には「11時のおやつ」をともにするグルーバーさんという友人がいるのだが、彼の営む骨董店に入り浸るうちにいつのまにかパ氏がアンティークの審美眼を身に付けていたのには笑った。
ところで、現代の私たちには「爆買い観光客」というと2010年代中頃あたりの中国人のイメージが強いかと思うが、このシリーズにしばしば爆買い観光客のアイコンとして米国人が出てくるのは興味深い。

Paddington Goes to Town(パディントン 街へ行く)

パディントンは、一度もクリスマスの飾りつけを見たことがありません。ある夜、ブラウン一家みんなで、街に繰り出すことにしました。車中、交通渋滞だったので、みんなでにぎやかなロンドン通りを歩きはじめました。頭上に吊り下げられた何百万という星のように輝くライトを見上げる人でごった返しています。すると、パディントンの身に、またもやひと騒動がふりかかりますが……。

さすがにマンネリ気味か、そろそろやめるかと思うものの、読んでると面白くてまた次を読みたくなる不思議。
病院での、精神科医とのコントみたいなやりとりはバスの中で読んでて笑いを堪えるのが大変だった。
Baked Alaskaや炉端で売っている焼き栗など、食べ物が美味しそうな場面が多い回でもある。
有能な家政婦バードさんのツンデレぶりも楽しめる。

Paddington Takes the Airパディントンのラストダンス)

そそっかしくて好奇心旺盛な人気者のクマ、パディントン。ミシンでズボンを直せば見るも無残な結果に。馬術競技で馬に乗れば後ろ向き。フェスティバル会場では、いつのまにか筋肉隆々男と対決することに……。はりきって出かけた舞踏会でも失敗ばかりですが、最後はたくさん練習した社交ダンスを踊り、拍手喝采を浴びます。

お手製のeverlasting toffee(なめてもなめてもなくならないトフィー)が原因で歯医者へ行く話に笑い、ミシンでお直しに挑戦する回ではダッフルコートのポケットに穴が空いて…という物語の発端に流れた年月を思い(そして毎回犠牲になるカリー氏の持ち物…)、最後はダンスパーティに招かれたりと、本作でも英国文化とその語彙を堪能できた。
クラシックカーや乗馬の回などはニッチな単語ばかりになるので、結構わからない語が多かった。

Paddington on Top(パディントンの大切な家族)

シリーズも10巻目を迎え、ますます目が離せないパディントン・ワールド。初めて学校に行ったパディントン、先生の出した問題にはりきって手を挙げたのはいいけれど、飛び出す答えはパディントン流。はたまた、ひょんなことから法廷の証言台に?! 水上スキーで宙を舞ったかと思えば、ラグビーの珍プレーでチームを救うなど、スポーツでも大活躍します。そして、いよいよペルーに住むルーシーおばさんの登場で、物語はクライマックスへ……。

遂に、遂にDarkest Peruからルーシーおばさんがやってきた!の回。
教養深くて意思が固くて情に厚い彼女は去り際もかっこよく、バードさんの次に好きなキャラになった。
消費者相談ぽい回もあり、雑誌の広告って昔からこんななのか、と失笑したが、当時そういうものが社会問題になり始めていたのかもしれない。

中流階級ブラウンさん一家の「金持ち喧嘩せず」的なおっとり感は本当に心地よい。
例えばルーシーおばさんの帰国後、彼女にもっと色々聞きたいことがあった、とパディントンの出自やペルーのクマの生態などについて詮索したがるジュディたちをバードさんが窘めて言う「Don't you think that in this world it's rather nice to have some things left unanswered?(世の中にはわからないままのことがあってもいいのじゃないかしら)」とか、そういうところ。

Paddington Takes the Test

福音館版の邦訳は上記の10冊のみなので、こちらは未邦訳(ちゃんと探したわけではないが、たぶん)。
タイトルの「パディントン、テストを受ける」は冒頭のエピソードである、運転免許試験場で実地テストを受ける場面を指している。
この回のように、パディントンが何の関係もないところからひょんな誤解でトラブルに巻き込まれるさまは落語の三題噺みたいで、そうくるか!と毎回にやにやしてしまう。

パ氏にお手伝いを頼んでは不運を一身に受けるケチのカリーさんは、今までで一番の生命の危機にさらされていた。
本作からは、パ氏のお小遣いが物価上昇に見合わなくなっているということでめでたく昇給。
そういうところがさすが長期シリーズだなあと感心したが、もしかしたら読者から指摘があったのかもしれない。

Love from Paddington

シリーズ全エピソードからいくつかを抜粋し、パディントン(代筆:ジュディ)と時々ルーシーおばさんによる書簡体でそれらを語りなおしたという趣向の、総集編的な1冊。
最後2篇で取り上げられたエピソードは上記までの11冊に含まれないため知らなかったが、面白く読んだ。

本作はすでに挿絵画家がバトンタッチしていて、こちらの絵もファンシーでザ・児童絵本って感じでかわいい。
でも私はやっぱりPeggy Fortnumさんの描くラフな挿し絵が味わいぶかく、吹き出すようなおかしみもあって好きだ。

最近ブロックメモのグッズを見つけて、かわいくて買ってしまった。

メモ用紙の絵柄は全部で4種類

おまけ:実写映画版も(1作目だけ)観た

filmarks.com

原作ガチオタらしい気持ちの悪いレビューを書いているけれども、総合的には好きだ。
特に原作にないスチームパンク的な雰囲気が良くて、2010年台に「古くて新しい」物語を実写映画にすることの創意工夫を感じた。
2も気が向いたら見てみたい。

おわりに

前からずっと書きたかったトピックではあったけど、当時の感想をベースに書いたので、今読めばまた違った発見があるのかもしれない。
また1年くらいかけてゆっくり2周目を読むのもよさそう。
とりあえず来年の目標のひとつに入れておく。

第1回手帳会議・議事録(現状分析)

来年の手帳を探すヒントになりそうな本を探して読んでいたら、現状を把握してやりたいことを決めるための「手帳会議」というアイデアがあったので、さっそくやってみた。
2022/9/5開催。もちろん参加者は私一人。

1.まずは現状を知る

1-1.現在使っている手帳

  • ロルバーンダイアリーL

kn.hatenablog.jp
フリーページ部分の使い方は、良さそうなものを取り入れたり飽きたりして1年間で3回くらい変わったが、基本方針は共通している。

  • 見開き1ページを1週間のジャーナルとして使用
  • メモページは適宜作って、目次で管理

普通の手帳とバレットジャーナルのいいとこどりみたいなもの。

1-2.手帳に書いていること

上記のジャーナル以外はこんなところ。

  • 体重・体脂肪率
  • やりたいこと
  • habit tracker
  • 筋トレメニュー
  • マネープラン
  • 週間/月間/年間目標
  • その他メモ(読書メモ含む)

1-3.その他のツールで記録/管理していること

(a) Scrapbox
  • 日記
  • 読書メモ(手帳からの抜き書きや、読書メーター用ドラフト)
  • 映画等の鑑賞記録(Filmarks用ドラフト)
  • Twitterでブックマークしたもの他、ネットで見た情報のクリップ
(b) Google spreadsheet
  • 収支まとめ(家計簿(後述)の締め結果を月別シートにまとめたもの)
  • Asset log(月1回更新)
  • 購入したものリスト(消費財/非消費財
  • メルカリ売上記録
  • 投資の記録

以前書いた連用日記は、作業が面倒だし見づらくて休止中。
kn.hatenablog.jp

連用日記、3~4行だけなどにスリム化すると良さそうだが、結局そんな作業をする時間がない。

(c) スマホ(アプリ含む)
  • 予定やタスク管理:Googleカレンダー
  • 毎日の家計簿:複式家計簿
  • 生理日・体調管理・体重体脂肪:ルナルナ
  • 歩数:Google fit
  • スマホから離れて活動した時間:Forest

「複式家計簿」で日々の出納記録を付けて、月間P/LをGoogle spreadsheetの家計簿へ転記するスタイル。
また、「ルナルナ」の生理日・体重体脂肪は紙の手帳へも記録している。
作業が重複しているが、無料版「ルナルナ」では一定期間しかデータを保存できないので、手帳へはログの保存目的、「ルナルナ」へは生理日予測・体重グラフ作成目的と割り切って手間をかけている。

play.google.com
play.google.com
play.google.com
play.google.com

2.問題点

2-1. 字が読みづらい

自分の字が読みにくいので、読み返す時の妨げになる。
逆に言えば、デジタルでの記録の一番のメリットはこれ(統一フォントによる読みやすさ)。
ちなみにデジタルの二番目のメリットは検索性の高さだが、こちらはアナログでもインデックスを付けるなどしてある程度上げることは可能。

2-2. ページ過不足の発生

たくさん書いた年はあとの方でページが足りなくなる。
逆にあまり書かなかった年は、余白を残したまま新しい手帳へ移行するのがもったいない。

3.解決策

3-1. 字が読みづらい→(a)字を読みやすく書く

軽率にKindle Unlimitedで教材を探し、とりあえず20分くらいやってみた。

「美しい手書き文字」はあって損はないスキルではある。
しかし今後どんなにきれいに書けるようになったとして、デジタルの画一的なフォントを超える読みやすさに匹敵するかというと疑問。
とはいえ、手書きをゼロにすることは恐らくないので、読み返す自分のためにもぼちぼちスキルアップしたい。
少なくとも、Kindle Unlimitedの99円期間中(残り一ヶ月)は取り組んでみることにする。

3-1. 字が読みづらい→(b)筆記具を変えてみる

現在、手帳の書き込みに使っているのはゼブラのスラリシャーボ

エマルジョンインクで発色や滑りが良いのだが、滑りが良すぎてインクが紙に乗らないときがある。
私は左利きで、万人が絶賛する三菱のジェットストリームとの相性が絶望的に悪いのだが、スラリシャーボで上手く書けない時があるのも私(左利き)のせいなのかもしれない。

同じゼブラなら、サラサは発色もスラリ以上に良く、左利きでもちゃんとインクが出るので、そちらに乗り換えてもいいかもしれない。
最近は手帳は家で書くことが多いので、多機能ペンである必要もそんなにない。
また、この頃新しい筆記具を買っていないので、この際色々追加したいという気持ちも。

3-2. ページ過不足の発生→(a) 不足の都度、自力で工事

現在の解決方法(力わざ)。
ロルバーンのようなダブルリングノートは、継ぎ目からこじ開けてページを増減することが可能。
ただしめんどくさい。
また、不足を補うためには余分なページのあるノートがあることが前提なので、そのうちショートするのも目に見えている。

3-2. ページ過不足の発生→(b) ルーズリーフorシステム手帳の使用

ルーズリーフ手帳については、ここ最近マルマンが積極的に提唱しているイメージがある。

マルマンのWebサイトより。

マルマン手帳&ダイアリーカタログ|Maruman マルマン株式会社

これならページを継ぐのが簡単だし、リフィルで仕切ればメモページをテーマ別に分けるのが簡単なので、一冊で仕事用/プライベート用の住み分けができそう。

B5だと大きそうなのでA5を選ぶとして、どのみちB6の今の手帳よりサイズアップすることがやや気がかり。
家置きだとかさばって困ることも少ないだろうし、それならそれでいいのか。要検討。

システム手帳については、昔はすごく憧れがあって、バリバリ仕事をしてFILOFAXが似合う女になるぞ!!と思っていた時期もあるけど、リングが大きくて書きづらいというあまりにも単純なデメリットがあるので……。
厚みが出てしまいやすいのも難点。

3-2. ページ過不足の発生→(c) 複数冊の使用(ジャーナル機能とメモ機能の分離)

公私混同の手帳でジャーナリングをして、フリーのメモ用ノートを別に1冊用意するというアイデアは前々から考えていたこと。
1冊で足りないなら最初から2冊用意すればいいじゃない、という計算未満の解決策。
ただし、自分の場合は両方にメモ書きして、どっちに書いたか分からなくなるということが絶対に絶対に起こる。

結論

  • A5のルーズリーフ手帳について調べる。(メリット・デメリット含む)
  • 紙の手帳に書く内容と、それ以外の内容を差別化する。

手帳のサイズを大きくすることを前提として、紙の手帳へは、読み返すことに重点を置いた機能を持たせる。
(例:やりたいことや目標を書くだけ書くのではなく、出来たことの記録やレビューに重点を置く)
並行して字をきれいに書く訓練をする。

===

手帳どうするか問題はけっこう答えの出ないテーマで、毎年いろいろ試行錯誤している。
おすすめがあればぜひブックマークなどで教えてください。

後日談:結局こうなりました
kn.hatenablog.jp

(最終更新日:2022/9/29)